« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

月刊「ブクブク交換」vol.5 開催決定(2010.4.26)

Bkbk5large

ブクブク交換実行委員会 presents 協賛:(株)コーリン色鉛筆
月刊「ブクブク交換vol.5」~テーマ:「人生を変えた漫画」

開催日:4月26日(月)
時間:18:00 open 19:00 start 22:00 end
会場:東京カルチャーカルチャー(お台場ZEPP東京2階/運営:ニフティ株式会社)
イベント詳細&アクセス地図

本好き、出版関係者、イベント関係者、ツイッターで話題騒然?!ツイッター発の本と名刺の交換会がカルカルで月刊「ブクブク交換」として開催することが決定!!

2010年2月5日にツイッターの告知のみで開催し、今回のお台場開催で早くも5回目の開催。新宿、お台場、大阪、名古屋、そして、なんとフィレンツェで開催が企画されています。ツイッター発の「ブクブク交換」にぜひ、ご参加下さい。


【ブクブク交換とは?】

本と花を交換するサンジョルディーの日をヒントに名刺を挟んだ本と本を交換する新しい日常の中のエンタメです。
ブクブク交換当日は、来店前にハッシュタグ#bkbkで持参する本のタイトルをツイートしてみてください。会場での交流のきっかけになります。来店されたら、持参した本3冊に名刺を挟んでステージ右横の本棚テーブルに置いて下さい。また、付箋を用意していますので、持参した本に付箋を貼って自由にひとこと帯コメントを書いてみてください。


【ブクブク交換の楽しみいろいろ】

・テーマにあった本を選ぶ楽しみ
・本を人前でプレゼンする楽しみ
・人のプレゼンを聞く楽しみ
・本を交換する楽しみ
・交換した本を読む楽しみ
・読んだ感想をツイートしあう楽しみ
・本から人柄に触れる楽しみ
・名刺交換で出会いの楽しみ

※時間と参加者数の関係で来場者全員がプレゼンをすることができない場合がありますが、あらかじめご了承下さい。

【出演者】水の(初代ブクブクマエストロ) あまやん(初代ブクブクマエストロ)
【企画・司会】テリー植田(「ブクブク交換」主宰/東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)

【出演者】水の(初代ブクブクマエストロ) あまやん(初代ブクブクマエストロ)
【企画・司会】テリー植田(「ブクブク交換」主宰/東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)
【ハッシュタグ】#bkbk

【予定参加者】(随時更新いたします。)

テリー植田

水野隆

12歳の文学賞

あまやん

ブクブクデザイナー


<関連サイト>
ブクブク交換公式ブログ
ブクブク交換の本棚
ブクブク交換vol.3ライブレポート


※お台場・東京カルチャーカルチャーは飲んだり食べたりしながら
楽しめるイベントハウスで、入場は前売券の整理番号順の御入場で
全席自由席です。飲食代は別途必要で飲み物も食べ物も多数準備して
います(ドリンク¥390~)。(運営・ニフティ株式会社)

|

ブクブク交換vol.4 春の臨時創刊号開催決定(2010.4.6)

Bkbk42large_2

ブクブク交換vol.4 春の臨時増刊号開催決定しました!
東京カルチャーカルチャーで開催する月刊「ブクブク交換」とは別に
臨時増刊号として「春」らしい花見の雰囲気で開催します。
テーマを自由解釈して3冊持参下さい。1人2~3分間で本の紹介プレゼンをした後に
持ち寄った本を交換します。お店は、落ち着いたJAZZが流れ窓からは
桜が咲く花園神社が眺めることが出来るかも知れません。
ゴールデン街で贅沢な平日を本といっしょに過ごしましょう。
ちなみに、居心地が良すぎて週に6回通ったほどのお店です。

※予約申し込み状況は、随時ツイッターの@terryuedaでお知らせします。


【ブクブク交換vol.4 春の臨時増刊号】

開催日:4/6(火)
時間:21時~23時半くらいまで

予約制:先着限定20名
@terryuedaへDMかコメントで予約必要)
※人数になり次第受付終了いたします。

参加費:3000円(飲み放題+軽食付)
※ゴールデン街では優しすぎる値段ですね。

テーマ:「エロス」「新宿」「春」 ※1人3冊持参下さい。持参した数だけ交換出来ます。

場所:BAR HIDE(新宿ゴールデン街G1通り)
歌舞伎町1-1-10(花園神社側、急な階段3F)
BAR HIDE
※BAR HIDEのマスターも参加予定。

|

ブクブク交換vol.3(2010/03/6)ブックライブラリー

Bkbk_rogo_2

Dsc_2255


Dsc_2257


Dsc_2261


Dsc_2262


Dsc_2263


Dsc_2264


Dsc_2265


Dsc_2266


Dsc_2269


Dsc_2270


Dsc_2271


Dsc_2272


Dsc_2273


Dsc_2274


Dsc_2275


Dsc_2276


Dsc_2277


Dsc_2278


Dsc_2279


Dsc_2281_2


Dsc_2282


Dsc_2283


Dsc_2284


Dsc_2287


Dsc_2288


Dsc_2289


Dsc_2291


Dsc_2292


Dsc_2293


Dsc_2294


Dsc_2295


Dsc_2297


Dsc_2298


Dsc_2299


Dsc_2300


Dsc_2302


Dsc_2303


Dsc_2304


Dsc_2305


Dsc_2308


Dsc_2309


Dsc_2311


Dsc_2312


Dsc_2314


Dsc_2315


Dsc_2317


Dsc_2320


Dsc_2321


Dsc_2322


Dsc_2323


Dsc_2324


Dsc_2325


Dsc_2326


Dsc_2327


Dsc_2328


Dsc_2329


Dsc_2331


Dsc_2334


Dsc_2335


Dsc_2336


Dsc_2337


Dsc_2338


Dsc_2339


Dsc_2340


Dsc_2362


Dsc_2363


Dsc_2364


Dsc_2365


Dsc_2366


Dsc_2367


Dsc_2368


Dsc_2369


Dsc_2371


Dsc_2373


Dsc_2376


Dsc_2377


Dsc_2378


Dsc_2379


Dsc_2380


Dsc_2381


Dsc_2382


Dsc_2383


Dsc_2398


Dsc_2399


Dsc_2400_2


Dsc_2403


「二十歳の原点」高野悦子(新潮社)
「恋」小池真理子(新潮社)
「ピーター・ノースの祝福」渡辺やよい(幻冬舎)
「アジアへごはんを食べに行こう 向山昌子 (講談社文庫)
「太陽と風のダンス[改訂版]ゴルゴ内藤(太田出版)
「完本・居酒屋大全」太田 和彦(小学館文庫)
「こころの処方箋」(河合隼雄)
「くいもの処 明楽」(ヤマシタトモコ)
「サザエさんうちあけ話・似たもの一家」(長谷川町子著・朝日文庫)
「金沢城のヒキガエル」奥野良之助(どうぶつ社)
「鉄道の旅手帖」(実業之日本社)
「孤独と不安のレッスン」鴻上尚史(大和書房)
「高野聖」泉鏡花(集英社文庫)
「風の歌を聴け」村上春樹(講談社文庫)
「夜露死苦現代詩」都築響一
「孤独のグルメ」久住昌之
「黄色い本」高野文子
「日本の警察・犯罪捜査のオモテとウラ」北芝健監修(ナガオカ文庫)
「Good Luck」アレックス・ロビラ(ポプラ社)
「長い長い殺人」宮部みゆき(光文社文庫)
「落語論」堀井 憲一郎
「筆談ホステス」斉藤里恵
「おんなひとりの鉄道旅」矢野直美
「パシュラル先生」すえもりブックス 作:はらだたけひで
「天才 勝新太郎」春日太一著(文春新書)
「阿佐田哲也 麻雀小説自選集」 (文春文庫)
「フィッシュ・オン」開高健 秋元啓一 (写真)(新潮文庫)
「TITLE プラハ特集」(文藝春秋)
「800」川島誠(角川文庫)
「おつまみ缶詰酒場」黒川勇人(アスキー新書)
「ぼちぼちいこか」(偕成社)作:マイク・セイラー 絵:ロバート・グロスマン 訳:今江祥智
「ヘリコプターたち」リブロポート 作:五味太郎 
「西の魔女が死んだ」梨木香歩(新潮社)
「長い長い殺人」宮部みゆき(光文社)
「カレルチャペック紅茶店のレシピ」山田 詩子(白泉社)
「人体常在菌のはなし」 青木皐(集英社新書)
「犯罪学入門 殺人・賄賂・非行」鮎川潤(講談社現代新書)
「海馬 脳は疲れない」池谷裕二・糸井重里(新潮社)
「深夜特急〈6〉」沢木耕太郎(新潮文庫)
「すみれの花の砂糖づけ」江國 香織(新潮文庫)
「コルセット」姫野 カオルコ (新潮文庫)
「酒とつまみ」(酒とつまみ社)
「高円寺タウンマガジンSHOW-OFF」(SHOW-OFF編集部)
「世界の山ちゃん」(店内配布マンガ)
「月刊プレイボーイ(世界の見方を変えてくれる50人の言葉」(集英社)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【2010.03.16】ブクブク交換vol.3ライブレポート

6

ブクブク交換vol.3にたくさん来場頂き感謝です。
2月の2回は、各回20人程度でしたが、50名ほどの本好きの皆さんに参加頂きました。
場所を変えると、集まる人が変わり、空気感も違い、段取りや交流の仕方も変わることがよく分かりましたね。
イベント中、イベント後にいろんなアイデアがスタッフの中から、皆さんのツイートから出てきて、
想像以上の収穫がありました。ちょっと驚いて、ふと考えこんでイベントの意味深さに感動してます。

ちょっとしたアイデアを取り込んで、次回のブクブク交換は、よりタイトでキュートな輪郭を持ちたいと思います。

今、書きながら決めたのは、東京カルチャーカルチャー(カルカル)でしばらく月刊開催をしていきつつ、
臨時増刊号として花見でブクブク交換をやったり、新宿ゴールデン街で人数限定で開催したり、ブクブク温泉として温泉宿に宿泊しながら夜通し本について語るような試みもさくっとやってみたいなと思ってます。
そして、このレポートを読んでくれているみなさんがご自身の手で本の交換会を開催してくれることも願っています。近い将来、全国、全世界で本の交換会が開催されるのを夢見ています。

あ、今、フィレンツェでブクブク交換をやってみたいとのメールが!本当に本当!


では、ブクブク交換vol.3のライブレポートです。


日時:2010年3月26日(火)
会場:東京カルチャーカルチャー(お台場 運営:ニフティ株式会社)

18:30 会場オープン~食事タイム
19:30 ブクブク交換説明 ブクブクマエストロ水の、あまやんを交えてトーク
19:50 プレゼン①(1人2分)
20:30 休憩(10分)
20:40 「こんな本屋があったらいいのに」コーナー
20:55 プレゼン②(1人2分)
22:00 ブクブク交換タイム~フリータイム
22:30 解散


13

まずは、会場に着いたら選んで持参した本をテーマ別で長テーブルに置きます。

15

意味ありげなジャンル別本棚のようになっていきます。

16

来場者が増えるごとに本もジャンル別に増えていくのが楽しい。イベントスタートまで立ち読みOK。交流もご自由に。

1

19:30
テリー(右)がブクブク交換の説明をした後、ブクブクマエストロの2人水の(左)、あまやん(中央)が
過去2回のブクブク交換をやった感想などを述べた。

ブクブク交換のアイデアと説明は、こんなかんじです。

1923年に、カタルーニャ地方の本屋が、この日が、小説『ドン・キホーテ』の作者セルバンテスの命日(1616年)であり、さらにシェイクスピアの誕生日(1564年)であって命日(1616年)でもあるという文学に非常に縁の深い日でもあることと結びつけて、プレゼント用に本を買うと赤いバラを添えて、本を贈るという風習を広めた。日本では、日本書店組合連合会と日本カタルーニャ友好親善協会が中心になり、1986年に4月23日を「サン・ジョルディの日」と定めた。

これをヒントに、プレゼントよりもプレゼンをして交換する本の交換会が面白いのではと思いつく。
2月3日に思いついて、翌々日の2月5日に第1回ブクブク交換を実施する。

ブクブク交換の思いは、こうです。

全世界で本が好きな人が日常の中で楽しめるエンタメとして、「本と本(名刺)を交換する」習慣を定着させ、本が好きな人が出会えるイベントを広めていきたい。

2

そして、持参した本の紹介をするプレゼンコーナーのはじまり。

会場では、そのプレゼン内容をカルカルの河原くんがハッシュタグにツイートするという素晴らしいテクニックを
披露。帰りにもう一度紹介された本を思い出せるようになった。スピーチ2分間というのは、ツイート140文字にうまい具合に要約されるようです。ネットとリアルがつながったというよりは、リアルとネットを同時体験できるイベントって感じですね。

3

どんどんプレゼンが続いていきます。マイクをにぎる手を震えさせながらのプレゼンする人、立ち上がって力説する人、マシンガンのように熱い思いを伝える人などなど。人に好きな本を紹介するという体験は、
非常に日常の中で大きな意味を持つのではと考えさせられました。

6_2

休憩中は、本置き場が立ち読みでにぎわいました。

8

休憩後は、「こんな本屋があったらいいのに」コーナー。
話題のハッシュタグ#newbookstrで面白かったアイデアを紹介。このテーマで単独イベント開催したいなと思ってますので、ハッシュタグ読んでみて下さい。


Bkbk

そして、イベント後半もどんどんプレゼンが続きます。ツイートも白熱しました。一度は、読んだことのある名作が紹介されると、「ああ、谷崎また読みたいなぁ。」という気分になり、翌日買いに出かけてしまいそうになりますね。名作を思い出すきっかけにもブクブク交換はなります。家に帰ってから、アマゾンで購入するのもよいですね。

10

12

21時半に終了予定していたのですが、まだまだプレゼンしていない人が残って、
1人でもステージにあがってもらいたかったので30分延長しました。

Bkbk7

カルカルの下のZEPP東京は、パヒュームのライブでした。

22時にタイムアウトでプレゼンが終了。食事のお会計を終えた方から、
テーブルに並んだ本の中から好きな本を持ってきた本の数だけ選んでもらいました。本を選びながら、参加者同士が名刺交換したり、直接本のおすすめをしたりと、本好きがほんとうに集まってきたなぁと嬉しくなりました。22時半に完全終了となったのですが、本選びに始まって、電車の中で本を読み、家に帰るまでがブクブク交換。

Bkbk6

Bkbk5

Bkbk3


イベント終了後には、いろんな感想、アイデアが飛び出しました。
そして翌日には、イベントのロゴまでできました!ツイッター発でリアルの企画がうまくつながればいろんな素晴らしいイベントがスピード感もって形になります。

Bkbk_rogo

次回は、4月中に月刊「ブクブク交換」と臨時増刊号が開催予定です。近日中にお知らせいたします。

Fusenbukbuku

あ、次回は、こんな仕掛けをしようかなと。

テリー植田(ブクブク交換マスター/東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)

写真提供:えの

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブクブク交換vol.3急遽開催決定!※大盛況で終了しました!

2010 03 16 [Tue]

ぶくぶく、ワクワク。はじめよう!「ブクブク交換」
「ブクブク交換」 vol.3 ~本と名刺の交換会、全国開催企画中!~
Open 18:30 Start 19:30 End 22:00 (予定)
前売り券1500円 当日券2000円(飲食代別途必要・ビール¥590など)

チケットは、イープラスで発売中!
http://bit.ly/aRBKrD

会場:東京カルチャーカルチャー(運営:ニフティ株式会社 お台場 ZEPP東京二階)
http://tcc.nifty.com/accessmap/


Twitter発の新しいカルチャーイベントが生まれました。
「ブクブク交換」とは、本と名刺の交換会。名刺を挟んだ本を数冊持ち寄って、参加者同士で本と本とを交換、そして交流します。
新宿で2回の開催がTwitterで話題になり、取材が入り、大阪や名古屋、ドイツでも開催企画があがるなどすでに全国・世界的広がり?!となっている「ブクブク交換」がカルカルで初開催!

今回の本のテーマは、「人生」「快楽」「酒と音楽」
好きなテーマから交換する本を3冊お持ち下さい。(文庫本でも雑誌でもマンガでも同人誌でもOKです。)
当日は時間の許すかぎり、参加者の皆さんにステージで
持参した本の紹介をして頂きます。(持ち時間は、1~2分)
本の紹介プレゼンの後は、交換会から自然な流れで交流会へ。

持って行く本を選ぶ楽しみ。交換する本を選ぶ楽しみ。プレゼンする楽しみ。本のプレゼンを聴く楽しみ。本の面白さを語り合う楽しみ。本を通じて友達ができる楽しみ。交換した本を読む楽しみ。後日、感想をツイートする楽しみ。交換できなかった本を探す楽しみ。そして、なによりお酒を飲みながら、食事をしながら、本を通じて生活の中に非日常感(エンタメ)を味わって下さい。

【出演】あまやん(ブクブク・マエストロ) 12歳の文学賞 水の(ブクブク・マエストロ)
【企画・司会】テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー/「ブクブク交換」マスター)

はじめよう!ブクブク交換 公式ブログ
http://bkbkkoukan.cocolog-nifty.com/blog/
ブクブク交換 on Twitter
http://twitter.com/bkbkkoukan
ブクブク交換のライブレポートはこちら!
http://bit.ly/dmOOku

【参加予定者】(著者、編集者がぞくぞく参加!随時更新中!)

テリー植田(「ブクブク交換」マスター)
http://twitter.com/bkbkkoukan

あまやん
http://twitter.com/amayan

水野 隆
https://twitter.com/mizno7

12歳の文学賞 水の
http://twitter.com/12sai

木村有子(チェコ語翻訳・チェコ語通訳)
http://www.ceska-japonka.com

田中ひろみ『拝んでしあわせ 奈良の仏像100』著者
http://twitter.com/usagitv

黒川 勇人「缶詰酒場」著者
http://twitter.com/hayatino

編集者やってます。電子書籍とソーシャルメディアマーケティング,坂本龍馬に関心アリ。
http://twitter.com/riepon_jp

有限会社ノオト代表/品川経済新聞編集長
http://twitter.com/miyawaki

もりちゃん
http://twitter.com/morichannet

企業の出版をプロデュース
http://twitter.com/rachelwine

営業&広報担当
http://twitter.com/daisylog

東京発未来を面白くする100人TOKYO SOURCE副編集長
http://twitter.com/Tomohiko_Yoneda

実用系出版社の書籍編集者
http://twitter.com/gingersyrop

ライター/編集者
http://twitter.com/chihirosparrow

博物月報
http://www.hakubutu.jp/

冨澤良子「TOKYO図書館日和」著者
http://dayforlibrary.cocolog-nifty.com/blog/

前売券はイープラスにて絶賛発売中!!セブンイレブン、ファミリーマートで支払い受け取りすれば手数料無料!!
前売券は1人8枚まで購入可能で全席自由席。
入場は前売券の整理番号順。
※お台場・東京カルチャーカルチャーは飲んだり食べたりしながら
楽しめるイベントハウスで、入場は前売券の整理番号順の御入場で
全席自由席です。飲食代は別途必要で飲み物も食べ物も多数準備して
います(ドリンク¥390~)。(運営・ニフティ株式会社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »